無呼吸症候群にサヨナラ~ぐっすり快眠安定ライフ~

医者

検査の方法について

いびき

睡眠時無呼吸症候群は眠っている間に呼吸が止まってしまう病気ですが、自宅で簡単に検査ができるセルフチェックや簡易検査が人気です。ただし重症の場合には、宿泊をともなう精密検査を受けてから治療に進むようにしましょう。

Read more...

さまざまな治療法

病棟

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が止まる病気で、男性や太っている人がかかりやすいです。治療方法はマウスピース、CPAP療法が主流ですが、最近ではレーザー治療器を使った日帰り手術も行われるようになってきています。

Read more...

入院でも自宅でも測定

調べてみる価値

看護師

理由もなく日中眠くてたまらない状態が続き、仕事にもさしさわるくらいですと、様々な物事に影響を及ぼします。現に電車の運転手が眠気を感じて居眠り運転をして事故をおこした例もあるくらいです。理由もなくと書きましたが、あくまで夜更かしで寝不足というような自分で理由がわかっている場合は除外してという意味です。すなわち、良い眠りをしていない、熟睡できてない可能性がありませんかということです。睡眠時、10秒以上呼吸が止まる状態が繰り返されるのが睡眠時無呼吸症候群で、いびきがうるさかったり起きた後、体に疲れが残ったりします。日中の眠気の原因は他にもありますが、検査が簡単であることから、医師から測定の提案をされることが増えているようです。

測定中気になる

これは夜中の測定なので、従来は1泊入院して測定してもらいましたが、今では医師の依頼で、測定するキットが業者から自宅に送られて来て、寝る前に自分で装着し、翌朝キットをはずし機械ごと送り返せば、記録の検査結果を判定し医師に報告連絡されます。実際には7時間睡眠中30回以上無呼吸状態があったとき、1時間当たり5回以上あれば、睡眠時無呼吸症候群と判定されます。睡眠時に測定するための無呼吸症候群かどうかの機械をつけて寝ますが、鼻から管がはずれないか、指にはさんだクリップがはずれないかなど気になってあまり眠れなかったという神経質な人もたまにはいます。しかし、寝ているかどうかの検査ではなく、呼吸が不規則になっていないかどうかの測定なので、概ね問題ないようです。睡眠時無呼吸症候群は潜在患者のいる確率の高い病気です。

現代的な病気の一つ

いびき

睡眠時無呼吸症候群は現代人に多い病気の一つです。肥満やストレスなどが関係しています。いびきをかいていて急に呼吸が止まることが特徴的です。肥満が原因の場合には、肥満を改善することで完治できる病気でもあります。

Read more...

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright ©2015 無呼吸症候群にサヨナラ~ぐっすり快眠安定ライフ~ All Rights Reserved.